「精力・性欲・勃起力」に関連性ある「食事の情報」を紹介

精力増強と食事

 

目次

 

当サイトで紹介している「精力剤サプリメントや継続して飲む精力剤ドリンク」とは、精力増強効果の期待がある食事で取る事が出来る成分を効率よく取れる物です。

例えば、「ウナギは精力増強効果がある」「生牡蠣には亜鉛が豊富で精力上がるよ」なんて話しを聞いたことがあるかと思います。

そこで、「精力増強効果に繋がる食事」を紹介していきます。

精力増強効果をサポートしてくれる食事一覧

身体事情による「精力・性欲・勃起力」の衰えを改善する為に重要な事は、「血流環境を円滑にする」「男性ホルモン(テストテスト)値を増やす」事です。

そこで、「血流環境やテストステロン」にプラスな関連性のある食事を紹介して行きたいと思います。

 

血流環境をサポートする食事

血流環境を円滑にする食事に関しては、血流環境にプラスとなる理由が複数あります。

 

その複数の理由に当てはめて食べ物を紹介して行く事で、血流環境を円滑にする食生活の取り方を選択しやすいかと思います。

 

それでは「血流環境と食べ物」について紹介してきたいと思います。

 

血管を綺麗にするサポートの食物「青魚」

血流環境を円滑にする青魚

血流環境を鈍化させてしまう物質として「活性酸素」と言う物質があります。

 

この活性酸素は血管の内皮細胞内に「プラーク」と言うコブを作る事で血流が鈍化してしまいます。

 

「プラークが出来てしまった状態を緩和」「血管にプラークが付着し辛い様に膜を作る」「血管の内皮細胞内の炎症を鎮める」サポートを担ってくれる食べ物が青魚です。

 

青魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)と言う成分が豊富に含まれており、脂質異常症の患者さん26人に毎日高純度EPA製剤(EPA1,800mg含有)を毎日摂取してもらった所、2ヶ月で血流中の脂質データが改善し、血管の壁がしなやかになったそうです。

EPAを多く含む青魚は以下になります。

 

本マグロ100g/EPA1,400mg配合・ブリ100g/EPA940mg配合・サンマ100g/EPA850mg配合・まいわし100g/EPA780mg配合 


「青魚」から最もEPAを摂取する食事方法

青魚からEPAを出来るだけ多く摂取する為には、お刺身が最も鮮度の高い状態で摂取出来る様です。

 

また、焼き魚は鮮度が少しだけ失われてしまいますが、多くのEPAを摂取出来る様です。

 

後は、ホイル焼きは魚油を逃がさない為おすすめの摂取方法となります。

 

「お刺身≧焼き魚=ホイル焼き」の順が青魚によるEPA摂取量を多く取る方法となります。

 

毛細血管を「増やす」「丈夫」にするサポートのある食物

血流環境を円滑にする食事

体内には100億以上の血管が通っており、最も多く通う血管が「毛細血管」(「動脈や静脈」に血液を運ぶ血管)です。

 

毛細血管は劣化してくると「ゴースト血管」と言って、毛細血管が機能しなくなって来ます。

 

その結果、毛細血管が機能しなってしまうと、血流が途中で止まってしまい、体内の血流環境が鈍化してしまいます・・・

 

そこで「毛細血管を増やす」「毛細血管を丈夫にする」サポートを担う食物を紹介して行きたいと思います。

 

毛細血管を増やすサポート力のある主な食物

シナモン(1日小さじ1)・ルイボスティー(123杯)・ヒハツ(1日小さじ1/2

 

上記の食物には、毛細血管にある「Tie2」と言う血管の「内皮細胞」と「周皮細胞」の密着を密にして血流をアップさせる働きが活性化されます。

 

その結果、ゴースト血管を復活させて毛細血管を増やすサポートを担ってくれる様です。

 

毛細血管を丈夫にするサポート力のある主な食物

βカロテイン ニンジン・かぼちゃ・ほうれん草・小松菜
リコピン トマト・スイカ・ニンジン・柿・パプリカ
ビタミンC ベリー類・柑橘類・小松菜・ピーマン
レスベラトロール 赤ワイン・ブドウやリンゴの皮
アントシアニン ブルーベリー・赤ワイン・黒豆
アスタキサンチン さけ・えび・かに・いくら
亜鉛 魚介類・牡蠣・肉類・小麦胚芽

 

上記の食物は、青魚同様に「活性酸素」の生産を防ぐサポート作用があります。

 

さらに、上記の食べ物の大半には「ファイトケミカル」と言う活性酸素による血管の老化を防ぐ成分が多く含まれております。

 

また、亜鉛はミネラル成分として、活性酸素の生産を防ぐ役割があります。

 

テストステロンの生産をサポートする食物

テストステロンの生産を高める食事

血流環境を円滑にする以外に「精力・性欲・勃起力」を高めるもう一つの要因、「男性ホルモン(テストステロン)の生産を高める事」は、食物でサポートする事も可能です。

 

テストステロンの生産を高める食物

「貝類(牡蠣・赤貝・ハマグリ・アワビ)」「黒酢」「アサリ」「ニンニク+豚肉」

  

貝類とテストステロン

貝類に関しては精力剤でも主成分として使われている「亜鉛」が多く含まれている様です。

 

亜鉛は「血流環境を円滑にする」サポートも担いながら、「テストステロンの生産」のサポートも担ってくれる精力増強効果に対して万能な役割をサポートしてくれるのです。

 

「黒酢・アサリ」とテストステロン

「黒酢・アサリ」には体内の神経内分泌細胞に存在するアミノ酸で、D-アスパラギン酸が豊富に含まれています。

 

D-アスパラギン酸は、まだ研究途上の成分ですが、テストステロンの生産に関わる成分の様です。

 

アスパラギン酸は精力剤の中での人気が高い成分「マカやクラチャイダム」にも含まれています。

 

「ニンニク・豚肉」とテストステロン

最後に「ニンニク+豚肉」は、加熱加工したニンニクはテストステロン値を高めるサポートをしてくれる食品です。

 

ニンニクに含まれるアリシンはビタミンB1を含むたんぱく質食品と会合する事で、テストステロンを高める「アリチアミン」と言う成分が生成されます。

 

豚肉は「ビタミンB1 を豊富に含む食品」でありニンニクとの相性が良いため、一緒に摂取する事でテストステロン値を高める「相乗的な役割」を担ってくれますす。

食生活で「精力・性欲・勃起力」にマイナスとなる注意点

精力・性欲・勃起力の邪魔をする食事
食生活に関して「精力・性欲・勃起力」を低下させてしまう原因もある為、注意が必要です。

 

・糖質(炭水化物)の取り過ぎに注意(ただし、1日最低120gの炭水化物は取る事が必須)

 

・塩分の取り過ぎに注意(1日辺りの摂取量は8g以内を目標にする)

 

・血管に悪い脂質の取り過ぎに注意

 

・お酒の飲み過ぎに注意

 

結論的に、過剰摂取すると体に悪そうな食事は血流環境やテストステロンの生産環境にも悪影響であるのです。

 

糖質(炭水化物)の取り過ぎは血糖値が上昇してしまうため、血管内皮細胞を傷付けてしまう恐れがあります。

 

また、塩分の取り過ぎは高血圧を招いてしまう為、血管に負担を与えてしまう恐れがあります。

 

また、「青魚・えごま油」等に含まれる油は「血液を綺麗にする・EPA(血管を綺麗にする物質)」が含まれています。

そのため、適量であれば良い脂質です。

ただ、「マーガリンやショートニング」等の悪い脂質は、血管を詰まらせる原因を作るため、過剰摂取には要注意です。

最後に、お酒は適量であればテストステロンの生産を高めてくれます。

一方、飲み過ぎはテストステロンを生産する睾丸(玉)にダメージを与えてしまいます。

結果的に、テストステロンの生産量は減少する可能性が高い為、お酒は適量で止めるのが一番です。

精力・性欲・勃起力を高める「血流に関する」食事の食べ方

精力・性欲・勃起力を高める食事の食べ方
食べ方を改めて見直す事で「血流環境を円滑にする」サポートを担ってくれる可能性があります。

 

・食事は「3食」間隔をあける事

・「野菜→汁物→たんぱく質類→炭水化物」の順に食べてみる


・フルーツは朝食に食べる


・腹七分目で止めてみる


・食事の噛む回数は30回を目標にする

 

食事は「朝昼夜」の摂取時間の間隔を適度に空ける事をおすすめします。

適度に食事の間隔を空ける事で、適度な空腹時間が出来上がり、血管の修復に関わる成長ホルモンの分泌を促進してくれます。

各食事を「5~6時間」の間隔を空けるのが一番かと思います。

現在朝食を食べないと言う方が増えていますが、朝食は1日の体内リズムを調整するのに大切な食事です。

朝食を食べるのが辛いと言う方は、血糖値の低いフルーツを朝食代わりに食べながら、体を整えるのもおすすめです。

ただし、「フルーツの食過ぎ」や「甘みのあるフルーツ」は血糖値を急激に上げる可能性があります。

そのため、糖質の低い柑橘類(グレープフルーツ・レモン等)を中心にバランスよく食べる様にしてください。

また、食事の食べる順序は「血管に負担を掛けない」様にすることが重要です。

野菜→汁物(スープ)→肉や魚の主食(たんぱく質)→ご飯・パン・ソバ等(炭水化物」「食べる順番」を意識してみる事をおすすめします。

食事のバランスは、人間に必要な「5大栄養素」をバランスよく取り、カロリー標準値の「70%80%」に摂取量を抑えてみてください。

血管の内皮細胞の寿命を延ばしてくれ、老化の防止にもなる様です。その為に1日の食事量を「腹七分で抑える事」をおすすめしています。

最後に食事を噛む回数について、30回噛む事を心掛けてみてください、

よく噛むことは、食欲抑制のホルモン「レプチン」の分泌を早めて、食べ過ぎを抑制出来る為、血管への負担を抑制してくれます。

食事を管理すれば精力剤は必要ないのか?

「精力・性欲・勃起力」の衰えを改善サポートする食物を取っていれば「精力剤はいらないのではないか?」と考える方もいるかと思います。

答えは何とも言えません・・・

当サイトで紹介している「精力剤サプリメントや精力剤ドリンク」は、食事で摂取出来る成分を「錠剤や液体」にしている物です。

もう少し具体的に言うと、精力増強効果の期待出来る食事で取れる成分を「簡単且つ効率的」に摂取出来るのが精力剤サプリメントや精力剤ドリンクです。

その為、精力増強効果の期待出来る食物を「毎日取るのが厳しい」「バランス良く考えて摂取するのが厳しい」と思ったら、精力剤サプリメントや精力剤ドリンクを飲むことをおすすめします。

ただ、精力剤サプリメントや精力剤ドリンクに頼り過ぎずに、精力剤によって「精力・性欲・勃起力」が回復出来たら、精力剤を辞めて食事で補っていく方がお金の負担も減らす事が出来るかと思います。

当サイトおすすめの精力剤を紹介