精力剤の種類によって飲むタイミグを考える事

精力剤の正しい飲み方

 

目次


精力剤を飲む時に「いつ飲めば良いのか」「1回でどの位飲めば良いのか?」「飲み物は何で飲むのが良いのか?」と飲み方について迷ってしまうことはありませんか?

 

「精力剤サプリメント」「精力剤ドリンク」「医薬品の精力剤」「ED治療薬」の4種類に分けることが出来る精力剤ですが、各精力剤に分けながら精力剤の飲み方を解説していきたいと思います。

 

「精力剤サプリメント」の正しい飲むタイミングとは?

精力剤サプリメントの正しい飲み方

最もおすすめする時間帯 就寝前
2番目におすすめする時間帯 食前30分前(朝食時が一番おすすめ)

精力剤サプリメントは健康補助食品と言う食事を取る事と同じ物です。

その為、飲みたい時に自由に摂取しても問題ありませんが、一番おすすめの摂取方法としては精力剤サプリメントの成分を最も吸収しやすい状態です。

 

精力剤に含まれている主な成分はシトルリン、アルギニン、マカ、クラチャイダムの「アミノ酸成分」もしくは亜鉛の「ミネラル成分」になります。

 

上記成分の吸収力が期待出来る飲むタイミングは以下になります。

 

ミネラル成分

ミネラルの成分はアルカリ性が強い成分である為、食後に飲むと胃酸を中和してしまい、消化不良等が置き易くなる可能性あり。朝食前、午後3時、就寝前の摂取が効果的。

サノ・ファーマシーグループ「サプリメント摂取の効果的なタイミング」から情報を一部抜粋

 

アミノ酸成分

アミノ酸は食事中に摂取すると食物に含まれるたんぱく質が優先的に消化・吸収されるため、アミノ酸が利用されにくくなってしまうため、食前30分、食後2~3時間、または就寝前の空腹時が良いとされている。

サノ・ファーマシーグループ「サプリメント摂取の効果的なタイミング」から情報を一部抜粋

 

この様に見ると、ミネラル成分とアミノ酸成分共通で最も適した飲むタイミングが「就寝前」となります。

 

また、両成分の飲み方の共通点を紐解いていくと、ミネラル成分は「食後はNG」アミノ酸「空腹時」と言う事です。

 

空腹時と言う点を考えると、食前30分前(朝食前がおすすめ)もおすすめする事が出来ます。

 

「医薬品の精力剤」の正しい飲むタイミングとは?

医薬品タイプの精力剤の正しい飲み方

最もおすすめする時間帯 食後30分以内もしくは商品に書かれている飲み方


医薬品の精力剤に関しては、精力剤サプリメントに比べて時間指定がされている事が多いです。

 

当サイトで紹介している医薬品精力剤の龍虎宝に関しては、「1日2カプセルを、1日3回食後に服用してください」と時間指定をしています。

医薬品に関しては、全般的に「食後〇錠飲んでください」と言った指定している物が多いのはなぜでしょうか?

 

薬の配合成分は化学物質の為、溶けだすと胃の粘膜などに何らかの刺激を与えます。

その中で、食後30分というのは、胃の中で、薬が食べ物や胃酸の影響を最も受ける時間帯です。

空腹時に飲むと胃を荒らしてしまう成分が入っているかぜ薬や、食べ物と混ざることで吸収が良くなる薬などは、特に食後に飲むことが望ましいとされています。

日経Gooday薬はなぜ「「食後」に飲むものが多いの?」から情報を一部抜粋

食後は「胃に負担を掛けない」「医薬品は食後の方が吸収を良くする」と言った概念から食後30分以内に摂取する事をおすすめしているのかと思います。

 

「精力剤ドリンク」の正しい飲むタイミングとは?

精力剤ドリンクの正しい飲み方

最もおすすめする時間帯 性行為1時間~30分前

 

彼女や狙っている女性との性行為に気合いを入れる為に「その日に精力剤ドリンクを飲んで精力増強をまかなおう」という方も多いかと思いますが、はたしてどのタイミングで飲むべきか迷ってしまう事があると思います。

 

答えは性行為前に飲む事をおすすめします。

 

精力剤ドリンクと同ジャンルの「栄養ドリンク」に関して下記の情報を見つけました。

 

糖類やカフェインの効果が最大限に発揮されるのは、疲労回復を図りたい時間の直前ということになる。

 

「気合を入れたい時」に飲むならば、予定時刻の30分~1時間程度前が良いだろう。


産業保健新聞「栄養ドリンクの効果的な飲み方」から情報を一部抜粋

 

精力剤ドリンクに関しても、同じ考えと見ても良いかと思います。

 

その為、性行為1時間~30分前を目安に飲む事をおすすめします。

 

「ED治療薬」の正しい飲むタイミングとは?

ED治療薬の正しい飲み方

最もおすすめする時間帯 お腹をある程度満たした性行為1時間~20分前


ED治療薬とは、基本的には医師の処方許可をもらう医薬品(ネットでの購入も可能)ですが、ED治療薬には「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類があります。

 

ED治療薬に関して守ってもらいたいのが「満腹時の摂取を避ける」「深酒を避ける」ことです。

 

ED治療薬の吸収は食事が胃にあると、ED治療薬の吸収を邪魔してしまいます。

 

さらに、油物に関しては胃や腸に油膜がべっとりと張ってしまう為、ED治療薬の吸収を更に悪くします。

 

その為、ED治療薬を飲む前に食事を取りたい時は、「さっぱりした食事」「腹6~7分目」の状態で食事を辞める事をおすすめします。

 

さらに、ED治療薬は、摂取して1時間前~20分前頃から効果が出てきます。

 

その為、性行為を行う1時間前~20分前頃+空腹時(腹6~7分目)に摂取して頂く事をおすすめします。

 

また、お酒はED治療薬の効果を鈍化してしまいます。その為あまり深酒をせずに、お酒を飲むならば適量で止める事をおすすめします。

 

※ED治療薬使用時のおすすめする時間の詳細は浜松町第一クリニックから情報を一部抜粋

1日の摂取量が多い精力剤の正しい飲み方とは?

1日の摂取量が多い精力剤の正しい飲み方

精力剤サプリメントにある「1日の摂取量が5錠以上」で、1回で摂取するのが厳しい精力剤サプリメントの場合、どの様に飲むのが良いかを解説します。

 

摂取量の多い精力剤サプリメントの飲み方

精力剤サプリメントの飲むタイミングの「最もおすすめする時間帯は就寝前」「2番目におすすめする時間帯は食前30分前(朝食前がベスト)」

 

上記の時間帯を考えると精力剤サプリメントの飲むタイミングは「就寝前・朝食前・昼食前・夕食前」の4回に分けることが出来ます。

4回のタイミングに分けることが出来ますが人によっては、もっと回数を減らしても十分に余裕を持って摂取することが出来るかと思います。

1日8錠の摂取であれば、「朝食前4錠と就寝前4錠」の2回分の摂取でも大丈夫ということです。

 

その為「1日辺りの合計摂取量÷飲む回数(2~4回)」を1回辺りの摂取量として考えるのが一番かと思います。

 

また、1回で大量数を飲むと必要量以上の成分は体から出て行ってしまう事もありえます・・・

 

その為、1回で1日の摂取量を飲み切るよりも、回数を分けて飲んだ方が良いかと思います。

 

(例)1日6錠の接収する精力剤サプリメントであれば「朝食前3錠・就寝前3錠」「朝食2錠・夕食前1錠・就寝前3錠」

精力剤を飲み合わせた方時の効果や副作用について

精力剤の飲み合わせについて

精力剤を飲む時に、1種類よりも2種類、3種類と複数の精力剤を飲み合わせた方が、効果が上がるのではないかと思っている方もいるかと思います。

医薬品の精力剤を飲み合わせるという事は、薬を複数種類飲み合わせる為、効果を高めるよりも副作用を起こしてしまう可能性が高いです。

風邪を引いた時に風邪薬を複数種類飲み合わせる方は身体に毒な恐れがある為、複数の風邪薬を飲み合わせる事はいないかと思います。

一方、精力剤サプリメント、精力剤ドリンクは食事で摂取出来る成分を取れる中で、複数種類飲み合わせる事で効果が倍増になると考えているかと思います。

これは飲んでみなければ分からないというのが答えになりますが、副作用を起こす可能性も高まります・・・

 

サプリメントやドリンク系の精力剤は、精力増強効果に期待の高い成分を効率的に摂取出来る事から、手軽に飲む事が出来ます。手軽に飲めるという事は、必要摂取量以上を簡単に体の中へ入れる事が出来る為、それが「効果を高める」か「体へ副作用を与えてしまう」可能性があります。

副作用と言うリスクがある為、精力剤サプリメントやドリンクは、1つの商品に対して、1日辺りの必要摂取量を守った方が懸命かと思います。

飲み物はミネラルウォーターが一番

精力剤摂取時の最もおすすめの飲み物

精力剤を摂取する時の飲み物は、「お水もしくはお白湯」で飲むのが一番です。

 

これは薬を飲む場合と一緒です。

 

ただし、お水に関してあえて言えば「ミネラルウォーター」がベストです。

 

水道水の場合、不純物が少し入っている為、成分の吸収を妨げてしまう可能性があると言う方もいます。

 

ただ、そこまで過剰に意識しなくても、日本の水道水はとてもキレイな為、気にしなくてもいいかと思いますが、「一応」最もおすすめ出来る飲み物がミネラルウォーターと言う事です。

 

お茶・コーヒー・ジュース・お酒との摂取

精力剤サプリメントは食品と同じ物なので「お茶、コーヒー、ジュース、お酒」で飲んでも問題ありませんが、水道水同様、万が一成分の吸収を妨げてしまう可能性がある為、おすすめは出来ません。

 

また、医薬品の精力剤やED治療薬に関しては医薬品である為、薬を飲む基本である「お水かお白湯」で飲んだ方が良いかと思います。