年齢ではなく自分の感覚で精力剤を飲む事を考えてみる

精力剤と年齢の関係

 

目次

 

精力剤を飲もうと思う年齢はどの位から飲み始めるべきか迷う方もいるかと思います。

 

「精力剤を飲むにはまだ若すぎる」と考えている20代の方「今更精力剤を飲んでももう精力増強には手遅れではないか?」と考えている高齢を迎えた方と言った様な、年齢によって精力剤についての考えがあるかと思います。

 

そもそも「精力、性欲、勃起力」の基準値と言ったルールが明確的に無い為「どの位精力・性欲・勃起力が衰えた状態から精力剤を飲めば良いのか?」「何歳から精力剤を飲めば良いのか?」ルールがありません。

 

1つ言いたい事は、精力剤を飲むのは年齢ではなく、ご自身が思う精力や性欲や勃起力の衰えた感覚」で精力剤を飲むか考えてみるのが一番かと思います。

 

「性の状態」を基準に精力剤を飲むのを考えてみる

「性の状態」とは適当な回答になりますが、精力剤を飲まなければいけない年齢のルールが無いのは正直な所です。

 

「30代・40代・50代以上」でも「精力や性欲や勃起力が高い方もいれば低い方もいる」ように、年齢で個人差があります。

精力剤を飲んだ方が良い状態については以下を基準にしてみる事をおすすめします。

 

「性行為中のペニスの硬さが当時より衰えた」「最後まで性行為が出来る状態だが衰えた」「エッチな事を考えても以前より性欲が衰えてきた」と言った、「性行為自体は出来るが衰えた感覚を基準にしてみる。

 

ED治療薬を除いた精力剤で改善出来る範囲は、「精力・性欲・勃起力」は元気だったころに比べて身体的な所で衰えた「性行為までは問題無く出来る方」であり、性行為が困難な「精力・性欲・勃起力」の状態の方は、精力剤で改善する事は困難かと思います・・・

例えば、ネットで販売されている精力剤サプリメントは性行為が困難な「EDの方にもおすすめです」なんて書いている精力剤を紹介しているサイトもあります。

ただ、改善する事は非常に困難だと思います。

精力剤サプリメントは食事の栄養素を摂取出来る物です。

そのため、食事だけで性行為の出来ない体調を改善するまでの能力は無いかと思います・・・

性行為が困難な状態にまでなってしまったら専門の「泌尿器科」や「男性専門のクリニック」へ相談しに行く事をおすすめします。

精力剤を飲むか決めるのは朝勃ちを一つの指標にしてみる

精力剤と朝立ちの関係

「もう少し何か明確的な精力剤を飲む基準が欲しい」と考えている方におすすめしたい内容は、朝勃ちの状態です。

 

医師の方が出している複数の書籍に書かれているのが「朝勃ちを健康の指標にする事」「朝勃ちの回数が減少してきている方は精力や性欲の衰えを始め体調が不良(劣化)する始まり」と言った説明があります。

 

朝勃ちとは「副交感神経が優位」なリラックス状態で、眠りの浅い「レム睡眠」から目覚めた「寝起き」に起こる勃起現象です。

 

寝起きは、人間の体や感情がクリアーな状態である為、最も純粋な体調で勃起の状態が分かるのです。

 

朝勃ちの勃起力が弱まっている方は、精力剤を飲み始めてみる事をおすすめしたいです。

 

また30代以上の方で1ヶ月で朝勃ちが5回以下の方も精力剤をすぐにでも飲み始めて頂きたい所です。

 

さらに50歳以下で1ヶ月に1度も朝立ちが無い方は、体調不良に掛かっている恐れがある為「泌尿器科」へ行ってご自身の体調を一度診てもらった方が良いと思います。

 

「信頼出来る要因」から調査したおすすめの精力剤を紹介

30歳前後が精力剤を飲むターニングポイント?

あえて年齢で分けると「30代」が精力剤を飲む一つの分岐点

年齢で精力剤を飲む決まり事が無いと説明してきましたが、あえて年齢を1つの指標として考えるとするならば、30歳前半~40歳前半を一つの指標にしてみても良いかと思います。

 

勃起で重要となる「ペニスに通う血管」は、30歳前半頃から血管が硬くなって血流の流れが悪くなり、血管の若さが老化して行く事が多い様です。

 

30歳前半~40歳前半位は、「仕事の中核を担う」「家族を支える大黒柱」とした生活環境を過ごしている方が多いかと思います。

 

ただ、それらの生活環境に対する責任感がストレスに繋がる事も正直あるかと思います。

 

ストレスは血管に負担を与えてしまい血流環境が円滑で無いため、若さが無くなってきてしまうと言われてます。

 

「結婚してから老けた」と言う言葉を聞きますが、ストレスによる血管の衰えも関連しているのかと思います。

 

また、過度なストレスは「精力・性欲・勃起力」に大きく関わる男性ホルモン「テストステロン」の生産値を下げてしまうのも衰えの大きな原因です。

さらに、老化の最大の原因と言われる悪玉物質「活性酵素」は「体内の血流環境」や「テストステロンの生産環境」を劣化されてしまう事で「精力・性欲・勃起力」の衰えに影響を及ぼします。

 

その活性酵素を作り上げてしまうのはストレスや疲労です・・・

 

体の老化は活性酵素が原因

活性酸素は、血管を始めとした、体内の細胞を酸化してしまいます。人間は何もしなければ、加齢と共に活性酵素を除去する能力が低下してしまいます。

 

ただ、40歳以上でも「血管の若さを保つ」「テストステロン値を下げない」「活性酵素の除去能力が高い体作り」を心掛ける事で、「精力・性欲・勃起力」が大きく衰える事は無いかと思います。

40代から衰えさせない為にも、30代からしっかりと「精力・性欲・勃起力」が低下しない様な体を作る事が重要です。

その為には「精力・性欲・勃起力」が衰えてしまった体の原因を精力剤等を使用して改善させる事、そして改善した状態を維持する為に「正しい生活環境を送る事」が重要となります。

 

「信頼出来る要因」から調査したおすすめの精力剤を紹介

 

年を取ってから精力剤を使う方は含有量にこだわる事が重要か?

精力剤を50代以降から使用する場合、どの様な精力剤を使用すれば良いのでしょうか?

50代にもなれば身体的な衰えを長年放置している恐れがある為、それだけ成分含有量は多く取って補う事が重要になるかと思います。

精力剤の成分には相性の合う合わないがある為、どの精力剤が良いかをピンポイントで紹介する事は難しいですが、純粋に「1日辺りの摂取量が多い精力剤ランキング」を当サイトでは紹介しています。

「1日辺りの摂取量の多い」精力剤ランキング