「精力・性欲・勃起力」の衰える原因は3つ

精力・性欲・勃起力の低下原因

 

目次

 

精力剤を紹介する当サイトとして、「精力・性欲・勃起力」が衰えてしまう理由を解説していきたいと思います。

 

精力や性欲や勃起力が衰えてしまう原因は、答えは簡単です。

 

「体内の血流循環の悪化」「男性ホルモンの活性化不足」「心因性」

 

「精力・性欲・勃起力」が衰えてしまう「上記3つの原因の解説」と「精力剤が精力・性欲・勃起力にもたらす役割」を解説していきたいと思います。

血流循環が悪いと「精力・性欲・勃起力」が共に衰える

血流環境を健康にする事は重要

 

血流環境の悪化で起こる事

●「栄養素、水分、ホルモンが体内へ円滑に運ばれない」

●「老廃物が体内に溜まっていく」

 

血流環境の悪化による初期症状は、「不健康」「体調不良」「疲労の蓄積」等から生活に活力が出なくなり、徐々に「精力や性欲の衰え」「勃起力の衰え(最悪勃起が困難となる重度なED)」に陥ってくる可能性が高くなります・・・

まずは人間の血流環境について解説していきたいと思います。

 

血液が流れる3種類の血管とは?

血管の種類

※「毛細血管を増やして病気にならない、老けない体をつくる」から画像を引用

 

体内には無数(100億を超える)の血管が通っています。

 

体内の血液は心臓をスタートして、体全体で繋がっている血管を流れながら、最終的にはまた心臓に戻ってきます。

gooヘルスケアから一部情報を抜粋

 

血管とは「体内の上から下まで」繋がっており、血液を流す道路としての役割がありますが、血管には3種類の血管があります。

 

「動脈」「静脈」「毛細血管」の3種類です。

 

動脈とは

心臓から出た血液を体内へ運ぶ為の血管。動脈の末端は枝分かれして細くなっており、細くなっている動脈部分を細動脈と言います。

 

静脈とは

血液を心臓へ送り返す血管。静脈の枝分かれしている始まり部分を細静脈と言います。

 

毛細血管とは

細動脈と細静脈を結ぶ網目状の血管で、血管の中では最も細くなっている。

 

血管内の血液中と組織の間で、栄養素、酸素、二酸化炭素、老廃物等の物質交換が行われます。

 

また、体内の血管99%は毛細血管になります。

gooヘルスケアから一部情報を抜粋
書籍「毛細血管を増やして病気にならない、老けない体をつくる」から一部情報を抜粋

 

この血管の流れを見ると、心臓で出来上がった血液がまず初めに「動脈を通り」途中「毛細血管を通り」最後に「静脈を通り」心臓に血液が戻ってくると言ったサイクルが分りやすいかと思います。

さらに、人間のてっぺんからつま先まで血管が繋がっている為、体内中では絶えず血液が流れていると言う事になります。

その為、体内の一部でも血流が鈍化すると、全体的に血流環境が鈍化してきてしまいます。

また、血管の大半は毛細血管が占めていると言う事も分かります。

そんな中、血流環境が悪くなる理由は以下の4点になります。

 

血流環境の悪化が起こる原因

●一酸化窒素(NO)不足による血流環境の悪化

●活性酸素による血流環境の悪化

●PDE5による血流環境の悪化


●毛細血管の老化による血流環境の悪化


●血液の不健康による血流環境の悪化


これらの血流環境の悪化について紹介して行きたいと思います。

 

一酸化窒素(NO)不足と血流環境の悪化について

一酸化窒素(NO)サイクルについて

血管は血液の流れを円滑にする為、血管内側の「血管内皮細胞内」で一酸化窒素(NO)と言う物質を生産しています。

この一酸化窒素(NO)を生産する動きの事を「NOサイクル」と言います。

一酸化窒素(NO)とは、体内の血管を拡張してくれて、血液の流れをスムーズにしてくれるサイクリックGMPと言う物質を作る役割のある重要な物質です。


また、一酸化窒素(NO)は、精力剤に含まれている事の多い成分「シトルリンやアルギニン」が血管内皮細胞内で動きながら出来上がる物質です。

 

一酸化窒素(NO)の生産量を増やす事が、血流環境を円滑にしてくれる手段になります。

 

書籍「ヤル気が出る!最強の男性医療」から一部情報を抜粋

 

一酸化窒素(NO)不足は血流環境を鈍化させる

一酸化窒素(NO)の生産量を減少させる主な原因は、「シトルリンやアルギニンの摂取不足」「油物中心の食生活」「運動不足」「喫煙や過度なお酒の摂取」となります。

一酸化窒素の生産量が減少する事で、血管の拡張能力が衰えてしまい、血流が鈍化してきます・・・

シトルリンやアルギニンは精力剤や食事で摂取出来る為、精力増強の一環として一酸化窒素(NO)の生産量を増やす事をおすすめします。

医師の方がシトルリンに関して下記の発言をしています。

シトルリンが多く含まれている小玉スイカを半分食べると、ED治療薬(バイアグラ等)を一回飲むのと同程度の一酸化窒素(NO)の生産が期待出来ると研究報告もある様です。

書籍「ヤル気が出る!最強の男性医療」から情報を一部抜粋

 

アルギニンやシトルリンを摂取出来る食事

 

シトルリンとアルギニン配合のおすすめ精力剤ランキング

 

活性酸素と血流環境の悪化について

活性酵素による影響

※書籍「毛細血管を増やして病気にならない、老けない体をつくる」から画像を引用

 

血流環境を鈍化させてしまう理由その2は「活性酸素」と言う悪玉物質です。

 

活性酸素は「ストレス」「食生活の乱れ」「運動不足」「疲労」等によって体内で生産されて、血管や細胞を老化させてきます。

 

活性酸素は若い頃には体内で無害化してくれる酵素が備わっていますが、加齢と共に活性酵素を無害化してくれる能力が低下してしまいます・・・

 

その結果、体内の「脂質や老廃物」が動脈の内皮細胞内に付着している際に、活性酸素が血流を邪魔する「プラーク」と言うコブを作ってしまい、血流を妨げてきます・・・

 

さらに、活性酸素は動脈の若々しい弾力性を劣化させてしまう事で、血流を妨げてしまいます・・・

 

結果的に動脈硬化と言う動脈の血流を鈍化させてしまう症状を患わせてしまいます。

 

動脈硬化は「精力・性欲・勃起力」の衰え以上に、心筋梗塞や脳卒中と言った命に関わる病気に繋がる可能性も高い症状の為、注意が必要です。

 

その為にも、活性酵素の生産の原因となる「ストレスを溜める」「食生活の乱れ」「運動不足」と言った生活環境の乱れを整える事が重要となります。

 

書籍「毛細血管を増やして病気にならない、老けない体をつくる」から一部情報を抜粋

 

書籍「ヤル気が出る!最強の男性医療」から一部情報を抜粋

 

PDE5と血流環境の悪化について

活性酸素と共に血流環境を邪魔をする厄介な物質が「PDE5」という酵素です。

 

PDE5は、血流環境を円滑にする物質「サイクリックGMP」の生産量を減らす酵素です。

 

このPDE5が邪魔をして勃起が困難になった方におすすめ出来るのが、バイアグラを始めとした「ED治療薬」です。

 

ED治療薬は別名「PDE5阻害薬」と言ってPDE5が働かない様に防ぐ為の医薬品です。
オトコの「性」活習慣病からから情報を抜粋


医薬品のED治療薬を使用する位の症状である為、PDE5による勃起力の衰えは、相当進行している状態であると見る事が出来るかと思います。

毛細血管の老化と血流環境の悪化について

血管の中で最も多く占める「毛細血管」による悪影響も体内の血流環境を鈍化させてしまう原因です。

 

動脈や静脈の数が減少する事はありませんが、毛細血管は「加齢や生活環境」により本数が減少してしまう、老化して血流が鈍化、毛細血管の管があっても血液が流れる事のない「ゴースト血管」が増えてきます。

 

その結果、動脈や静脈を繋ぐ毛細血流の場所で血流が鈍化して栄養素が運び辛くなってしまい、さらには老廃物も溜まってきてしまいます。

結果的に疲労が溜まり、不健康な状態に陥ってしまう事で、精力・性欲・勃起力の衰えに繋がってしまいます・・・

 

ただ、ゴースト血管は初期症状であれば回復する事が可能であり、減少してしまった毛細血管は増やす事も可能です。

 

「食事や精力剤」「運動や睡眠」で生活環境を正して、毛細血管を健康にする事が重要となります。

精力剤で言うと「ヒハツ」と言う成分はゴースト血管を改善する期待値の高い成分と言われています。

 

書籍「毛細血管を増やして病気にならない、老けない体をつくる」から一部情報を抜粋

 

血液の不健康と血流環境の悪化について

「血液サラサラ」「血液ドロドロ」と言った表現がありますが、この様な血液の状態については2つの諸説があります。

 

諸説1として、血液にはサラサラ・ドロドロと言う表現は無く、実際には「血液はツルツルしている」と言う表現が正しい説です。

 

血管の内皮細胞内にプラークが出来ると、血流が鈍化してしまい、血液の血流がスムーズに流れない為、血液がドロドロしている様に見えるのです。

 

その為、血流を邪魔するプラークが血流を邪魔しなければ、血液は「サラサラ」とスムーズに流れる様です。
書籍「ヤル気が出る!最強の男性医療」から情報を一部抜粋

 

諸説2は、血液は「ドロドロとサラサラ」の2タイプがあり、ドロドロの血液は体に良くない状態です・・・

血流がドロドロした血液になる原因配下の内容となります。

 

血液ドロドロの原因

「水分の摂取不足」「油っこい食べ物中心の生活」「深酒」「喫煙」「運動不足」「ストレス」

 

生活環境の乱れが血液ドロドロの原因となる様で、「赤血球・白血球・血小板」からなる細胞成分と液体成分で血液は作られており、これらの「成分量のバランスが崩れる」「成分の質に異常が起こる」と血液がドロドロになる様です。
ec健康」から一部情報を抜粋

 

血管サラサラに繋がる主な成分とは

ナットウキナーゼ・クエン酸・DHAとEPA・ポリフェノール類・アルギン酸・ビタミンEとビタミンC

※「オムロンヘルスケア」から一部情報を抜粋

 

血液環境には2つの考えがありますが、生活の乱れは血管を老化させてしまう原因も同様である為、乱れた生活環境は控える事をおすすめします。

 

血液サラサラの成分から見ると、当サイトで紹介している精力剤「ペプチア」はポリフェノール成分の「レスベラトロール」が配合されています。また、「バイタルアンサー」は「ビタミンEとビタミンC」の両成分が含まれており、さらに「シトルリンやアルギニン」と言った血流環境を高める成分含有量も豊富に配合されています

 

血流環境の悪化と勃起力について

ここまで「血流環境の悪化=精力・性欲・勃起力の衰え」と解説してきましたが、ペニスにも血管が通っており、血流環境が悪化してしまうと勃起力の衰えに直接繋がってきます・・・

勃起のメカニズムを理解すれば、「血流環境の悪化による勃起力の衰える理由」をよりご理解出来るかと思います。

勃起のメカニズム

勃起のメカニズム

書籍「男性機能の「真実」」から画像を引用

 

ペニスの内部は「陰茎海綿体」と言うペニスの左右に1対ずつある筋肉の袋と放尿する時の体外から尿を放出する為の「尿道海綿体」があり、ペニスの大きさや形を構成しています。

 

陰茎海綿体は「ペニスのサオ(陰茎)部分」を、尿道海綿体は「亀頭部分」の形を作っています

 

「陰茎海綿体」は勃起していない通常時は、普通に血液が循環しているだけで、ペニスはスポンジ状の柔らかい状態になります。

 

ただ、自律神経がリラックスした状態で性的興奮を感知した時に、陰茎海綿体に流れてくる血液が、通常時より大量の血液が流れてきて、血液が溜まった状態が維持されてペニスが膨張します。これがペニスの勃起状態です。

 

その為、ペニスの血流が悪化してくるにつれてペニスに血液が溜まり辛くなり勃起力も徐々に衰えてきます・・・

 

勃起の仕組みを具体的に解説

ペニスの血管構造を細かく解説しながら勃起の仕組みを見て行きましょう。

陰茎海綿体は、「陰茎深動脈」と言う血管があり、ペニスに血液が流れ込んでくる入り口になります。

 

そこから、「毛細血管」を通って「深陰茎背静脈」と言う出口から血液が出て行っての繰り返しがペニスの血液循環になります。

 

この状態では陰茎海綿体は通常の状態である為、ペニスは非勃起状態です。

 

ところが、身体がリラックスした時の自律神経の状態「副交感神経状態」になった時に性的興奮を感知すると、陰茎海綿体の血管内で一酸化窒素(NO)が生産される事により、血管が緩んで拡張し、血液が非勃起時に比べて大量に流れ込んできます。

 

さらに、ペニスの血液循環の出口となる「深陰茎背静脈」が圧迫される事から血液が出て行きづらい状態になる為、陰茎海綿体に血液が溜まりペニスが勃起すると言った仕組みが、勃起のメカニズムとなります。

 

書籍「ヤル気が出る!最強の男性医療」から一部情報を抜粋
「静岡美容外科橋本クリニック」の勃起のメカニズムから一部情報を抜粋
「ICIクリニック」のそもそも勃起とはどのようにして起こるのだろうから一部情報を抜粋

 

勃起のメカニズムから読み解くと、「血管と血液が健康」であり「自律神経がリラックスした状態」であれば、問題なく勃起出来るという事です。

 

信当サイトでおすすめしたい精力剤を紹介

ペニスの血管劣化は健康トラブルの始まり

血管の太さについて

※書籍「オトコの「性」活習慣病」から画像を引用

 

血管は体内に無数あり、血流循環の良し悪しで健康状態が左右してきます。

 

体内血管は、毛細血管が血管の99%を占めており、毛細血管だけでも約100億本も体内にあると言われています。

 

また、毛細血管は、直径「0.005~0.01mm」と血管の中では極細の血管です。
書籍「毛細血管を増やして病気にならない、老けない体をつくる」から情報を一部抜粋

 

動脈は「1㎜~8㎜」と毛細血管に比べたら太いですが、それでもとても細い物です。

 

そんな中でも、ペニスに通う「陰茎深動脈」は動脈の中でも最も細い1mm~2mmとなります。
書籍「オトコの「性」活習慣病」から情報を一部抜粋

 

血管は繊細な部分であり、小さなことで体調不調を起こす可能性も高いです。

血管が不健康による血流環境の悪化は、体調不調にも比例します。

さらに、ペニスに通っている動脈(陰茎深動脈)は動脈の中で最も細い為、血流環境の不調が出る際に血流が悪くなる一番初めの動脈となります。

その為、勃起力の低下は大きな病気を患う前触れとも言えます・・・

勃起力の低下は、健康な体を作る為にも早めに改善する事が重要と言う事になります。

信当サイトでおすすめしたい精力剤を紹介

男性ホルモン「テストステロン」が「精力・性欲・勃起力」の大事な鍵となる

「精力・性欲・勃起力」や男の身体を形成するホルモンテストステロンとは?

男性ホルモンと言う言葉は皆さんご存知かと思いますが「精力・性欲・勃起力」にとても関連性の高いホルモンです。

 

この男性ホルモンの減少も「精力・性欲・勃起力」を衰えさせてしまう大きな原因となります。

 

何となく「男性ホルモン=性に関連するホルモン」とイメージは出来るかと思います。

 

この男性ホルモンとはいかなる物かを見て行きたいと思います。

 

「男性ホルモン」と「精力・性欲・勃起力」の関係とは

男性ホルモンの中で最も代表的なものが「テストステロン」と言われるホルモンです。

 

テストステロンは、精巣(睾丸)で主に作られるホルモンで、思春期に骨格や筋肉、体毛と言った「男らしさ」を作る為のホルモンです。

 

大人になってからは「骨や筋肉の強度維持」「メタボ予防」「認知機能」などの健康的な体を維持する働きから「精力・性欲・ペニスの健康維持」「精子の生産」「血液を作る働き」「動脈硬化防止」と言った精力や性欲を高める為に深く関連した男性ホルモンとなります。

書籍「ヤル気が出る!最強の男性医療」から情報を一部抜粋
書籍「順天堂大学医学部付属順天堂医院泌尿器科」から情報を一部抜粋

 

テストステロンを総称すると「人として」そして「男として」の健康を維持する為の重要なホルモンであると言えます。

 

その為、テストステロンの生産量が減少していくという事は「体調の悪化」や「精力・性欲・勃起力の衰え」に繋がってきます・・・

 

テストステロンは血流環境にも関わっている

テストステロン不足と病気について

テストステロン値が高い方は、脳梗塞や心筋梗塞など血管系の病気にかかる割合が「テストステロン値が低い方」より約5割も少なく、がんにかかる割合も約3割も少ないのです。テストステロンは長生きする為にも非常に重要なホルモンなのです。

 

テストステロンは血流環境を円滑にする働きも担っているのかと思います。

 

実際にテストステロンが減少すると血流環境を円滑にする物質「一酸化窒素(NO)」の生産量も減少してしまいます。

 

書籍「ヤル気が出る!最強の男性医療」から情報を一部抜粋

 

テストステロン生産量の減少は年に比例しない

テストステロンは20代が最も生産量の高い男性ホルモンで、年を取るにつれて生産量が減少してきます。

 

ただ、老化による生産量の減少も関連していますが、高齢の方でも30代~40代のテストステロンを生産している方もいます。

 

中には80代の方でも朝立ちが可能な方もいる様です!!

 

反対に、40代に入ってから既に性行為が困難な程までテストステロンの生産量が大きく減少している方も多くいる様です・・・

年齢でテストステロンの生産量が減少してくる事は事実です。

ただ、年齢に左右されずテストステロン値を高い状態で維持している方が居るのも事実です。

書籍「ヤル気が出る!最強の男性医療」から情報を一部抜粋

 

テストステロンの生産量減少は生活環境の乱れが大きな原因

テストステロンの生産が減少する原因として「ストレス」を始め「睡眠不足」「喫煙」「深酒」等と言った、生活環境の乱れが大きな原因となります。

 

「男の老化防止のための活動(薄毛対策や精力増強対策)」は「30代~40代から」始めるのがおすすめと言われていますが、この年になると、仕事や家庭と言った「社会的な責任」による影響をストレスと感じてしまう事で、テストステロンの生産量が減少してくる事が多い様です。

 

その結果「精力・性欲・勃起力」の衰えは勿論の事、肉体状態、精神状態に悪影響を及ぼしてしまう事もあります・・・
書籍「ヤル気が出る!最強の男性医療」から情報を一部抜粋

 

中高年の方が仕事や家庭のストレスで「体調が乱れる事」が、テストステロンの減少へとつながる可能性がある様です。

 

そして、結果的に「寝つきが悪い」「暴飲暴食」「運動不足」「お酒やタバコ」等でストレスを紛らわそうとする行動が更にテストステロンに悪影響を及ぼすのかと思います。

 

逆に、中高年になっても大きなストレスが無い方で健康な生活を送っていれば、テストステロンの生産量は高い状態を維持出来る期待があります。

 

テストステロンは精力剤で増やす事が可能か?

精力剤の役割

精力剤でテストステロンの生産量を増やす事が出来るかと言うと、医薬品とサプリメントの精力剤によって改善出来る期待が出来ます。

 

医薬品の精力剤のテストステロン増加について

医薬品の精力剤は、テストステロンを補充する事を目的とした精力剤です。

 

その為、テストステロンの量を「直接1から5や10」に増加する事が出来る可能性が非常に高いです。

補充すると言う事は、減ってきたらまた補充しなければいけません、

医薬品の精力剤は使うのを辞めて、テストステロンを減少させる生活を送っていると、再びテストステロンの生産量は減少してくる可能性もあります。

 

精力剤サプリメントのテストステロン増加について

当サイトで紹介している精力剤サプリメントに関しては、テストステロンを補充するのではなく、テストステロンの生産量を「増やす事が出来る体作り」「減らさない様な体作り」が期待出来る精力剤です。

 

その為「1から5や10」に直接増加させる物では無く、テストステロンの生産量を減少させた体の劣化を改善する事で、自然体でテストステロンの生産量を増やす事が期待出来る身体状態にする事を目的とした精力剤となります。

また、現状テストステロン値が高い状態を維持する為に、成分を摂取する飲み物でもあります。

 

精力剤サプリメントで身体状態を取り戻す事が出来、テストステロンの「生産量を減らさない生活環境」を構築すれば、精力剤いらずでテストステロンの生産量が高い状態を維持する事が出来る可能性も高くなります。

 

最後に精力剤サプリメントで使用する成分「亜鉛」「マカ」「アルギニン+シトルリン」と言った成分は、テストステロンの生産量を増やす身体改善として大いに期待が出来る成分です。

 

※「メンズヘルスクリニック東京」から一部情報を抜粋

 

亜鉛・マカが含まれたおすすめの精力剤サプリメント

 

アルギニン・シトルリン・亜鉛が含まれたおすすめの精力剤サプリメント

心因性による「精力・性欲・勃起力」の衰えとは?

心因的な「精力・性欲・勃起力」減少の原因

最後に「精力・性欲・勃起力」が衰える3つ目の原因となる「心因性」による原因について説明します。

 

まず初めに、心因性による「精力や性欲や勃起力」の衰えについては精力剤で治す事は難しいかと思います・・・

 

心因性とは、過去に性行為を行っている中で「相手にセックスを馬鹿にされた」「性行為が上手く出来なかった」等の「性行為に対してトラウマ的な面を持っている」事で「精力・性欲・勃起力」が上がらない状態の事を言います。


精力剤サプリメントは「健康な身体を作る為の食品」である為、食事で心に抱えた「性的問題」を解決する事は非常に困難であると思います。

医薬品の精力剤に関しても、体の衰えを治療する事が目的の物である為、心因性の性的問題を治療する事は困難かと思います・・・

その為、心因性による「精力や性欲や勃起力」の衰えについては、専門の病院(心療内科)や男性専門のクリニックで見て頂く事をおすすめします。

全国の心療内科一覧